ステキな服作りが楽しめる講座。おしゃれを求めて各地から受講生が集います。ミシンが初めての方も、事業目的の方も、実用技術を学んでください。

関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
      下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 一般からアパレル企業まで対応の自動製図ソフト
  • 格安アパレルCAD
  • 写真や現物の服をお送りください
  • 洋服のオーダー
  • 洋服の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

ミシンに関するお問い合わせが多いので、更に詳しく説明します。

まず『失敗しないためのミシン選び』の項目を見ていただいた上で、お読みください。

耐久性があり、どんな生地でも縫え、特に洋服をきれいに仕上げる目的でミシンを購入する場合は、『職業用タイプのミシン』をお勧めします。
電子ミシン、コンピュータミシン、ジグザグ機能の付いたミシンは『家庭用ミシン』です。職業用タイプのミシンは、直線縫い専用でジグザグ縫いはできません。不便の様ですが、多機能を兼用することは、ミシン全体に負担がかかり、耐久年数はぐんと減ります。
特に洋服をきれいに仕上げるためには、ミシン目(ステッチ)が大切です。力があり直線縫いがきれいな『職業用タイプのミシン』を勧めます。家庭用ミシンにも直線縫いのみのミシンがありますが、力が無いために布の端にステッチをかけたり、急に布が厚くなるとミシン目は乱れます。

何を基準に『職業用』なのか『家庭用』なのか判断したらよいのでしょう。

パンフレットや取り扱い説明書の『仕様』とか『機能』とかの欄に『縫い速度』とか『回転数』などの項目があれば、その数字を見てください。『1300針/分』以上であれば『職業用タイプ』と判断してよいでしょう。家庭用ミシンの説明書には、この速度を載せていない物がほとんどですから、説明項目になければ『家庭用』と判断してよいと思います。ちなみに、この回転数は家庭用のミシンの比較的しっかりしたもので500回転ほどです。この比較でも職業用タイプは約3倍の力があります。仕事目的の人や長年使う人にとっては、この『縫い速度(モーターの力)』は、判断材料としては大変大事ですから、仕事仕様のミシンには必ず明記されています。「仕事にする気持ちはないから」とか「趣味の範囲だから」という人も、名称が『職業用』なので、何やら近寄り固い感じがしますが、洋服を作る目的であればこちらを勧めます。でき上がりは明らかに違います。家庭用から職業用に買いかえた人の第一印象は「何だか急に腕が上がったような気がする」という感想を持つ人が多いようです。ミシンがきれいに縫ってくれるということの様です。ミシンは手縫いの代用として世に出てきたものです。第三の腕が「不器用」より「器用」で確実なミシンの方が腕も上がるでしょう。

『職業用ミシン』としては、昔ながらの足付き台付きのミシンがありますが、場所を取りますので、近頃の住宅事情に合わせた『職業用タイプのポータブルミシン』が出ています。価格では、¥120000〜150000程です。この価格の差は、追加機能の差で、モーターの力は同じですから、12万円台の物で充分でしょう。高い方は自動糸通しや差動送り(いせやギャザーができるという機能)や自動糸切りなどの機能が付いている物が多いようです(メーカーによっても多少異なります)。これらの機能が要不要かは使用者の判断に委ねられますが、便利なようでいて実はあまり使わない機能もありますので、よ〜く考えて選択しましょう。メーカーの選択はここでは差し控えますが、購入者の反応や使ってみた手応えから最近の人気機種は絞られるようです。

職業用ミシンは、信頼できる販売店であれば中古ミシンもお勧めです。家庭用ミシンは、故障が多いので勧めませんが、職業用タイプの物は、中古でも整備すればかなり使えます。機能的には複雑な物ではありませんので、整備や修理でかなり長く使えます。当教室のミシン(9台)は、すべて中古で購入しましたが、時々注油したり、お掃除してあげればまったく問題ありません。(<注油と掃除>・・・これはとても大切な事です。もしご自宅のミシンが調子が悪かったら、一度注油と掃除をしてあげてください。調子が戻ること大です。

職業用ミシンより力のあるミシンに『工業用ミシン』がありますが、これは、職業用の数倍の力があります。自宅で本格的に仕事をし、短時間に沢山仕上げなければいけない場合は、この力とスピードはお勧めですが、小さなお子様がいらっしゃる家庭では、危険もありますので注意してください。

ロックミシンについても、少しお話しします。2本糸ロックを使っている人は、たぶん3本糸ロックがほしくなります。3本の方が裏も表もきれいだからです。これについても近頃粗雑な量産ロックミシンが多く、「糸調子がきたない。修理しても直らない。どうしたらいいの!」とよく質問されます。量産ミシンの場合は注意が必要です。メーカーが大丈夫だから買ったという場合も、近頃は、価格を下げた量産ミシンと、機能を重視した正規のミシンとを区別して出しているメーカーもありますので注意してください。ミシン目は、機械の内部の微調節の部分が大事ですから、組み立て段階で決まってしまいます。不良ミシンは修理しても直りません。これから購入する人には「2〜3万円台の3本ロックミシンは、避けた方が賢明です」と、念の為伝えています。購入してすぐに買い換える人を見るのはとても気の毒です。買い換えるのなら最初から耐久性があり糸目がきれいなプロパーのミシンをお勧めします。2本ロックより3本ロックが糸かけが面倒ですが、慣れてしまえば特に問題ではないでしょう。糸かけがエア(空気)の力で自動でできてしまう機種もお勧めです。

糸かけや操作に慣れるまでのつなぎとして、初心者でも簡単な2本糸ロックはお勧めですが、先にも書きましたが、2本糸ロックを使っている人は、いずれは3本糸ロックがほしくなりますから、新台の2本糸ロックを購入するのはもったいない気がします。3本糸ロックに至る(又は、ロックミシンに慣れる)中間使用として、中古の2本糸ロックを勧めています。これも、信頼できるミシン店を通して購入するのであれば安心でしょう。

他に4本糸ロックミシンも出ていますが、たぶん4本までの必要はないと思います。4本の内の1本が地縫いの働きをしますが、実際の服の製作では、縫い代それぞれにロックをかけ、アイロンで割りたい場合や、縫い代の幅も既定幅ではなく、それより多い幅(例えば1.5〜2cm)を残す服が多いものです。 正式なお洋服の製作では4本ロックは必要ありません。 子供服やカットソーなどでは、4本糸ロックの出番もありますが、それも 3本糸ロックが充分に機能します。

実際、当教室でも4本糸ロックがありますが、結局 糸を一本抜いて3本で使っています。 4本糸ロックの出番は今では皆無です。 3本で充分ではないかと思います。

以上、ざっと説明しましたが、一つの意見として判断材料にしてください。

     1.失敗しないためのミシン選び
    2.具体的な選択基準   
    3.工業用ミシン  
     4.職業用ミシン
    5.家庭用ミシン  
    6.ロックミシン 
     7.中古ミシン