ステキな服作りが楽しめる講座。おしゃれを求めて各地から受講生が集います。ミシンが初めての方も、事業目的の方も、実用技術を学んでください。

関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
      下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 一般からアパレル企業まで対応の自動製図ソフト
  • 格安アパレルCAD
  • 写真や現物の服をお送りください
  • 洋服のオーダー
  • 洋服の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

は、本来縫製を仕事としない趣味の範囲の使用目的で開発されたミシンで主婦層を主なターゲットとしています。各メーカー競い合って「興味をそそる内容」でシェアを広げようとします。当然 社会性が反映されますから洋裁人口がめっきり減った昨今では洋服を作る目的より手芸目的のミシンが大半となりました。

各社の販売競争は激しく外見がきれいで 多機能で軽い。操作はコンピューター化され自動で簡単・・・と実に便利で楽しそうです。その上次々モデルチェンジして市場が回転するよう あの手この手で迫ってきます。『家庭用ミシン』の種類は各メーカー合わせるとそれは豊富です。

どれが良いのか選択に迷います。『家庭用ミシン』の場合は、説明書にモーターの力が記されていない物がほとんどですので、選択の明確な基準をつかみにくいのですが、少なくともスーパーやデパート、テレビの通販などのデモンストレーションで「お買得」と勧めるミシンには注意してください。モーターの力は驚くほど低く、縫うことのできる服地の種類は非常に制約されます。おもちゃと隣り合わせと言っても決して過言ではありません。

一昔前ならメーカーの信頼を落とし兼ねませんので、この類のミシンは見かけなかったのですが、使い手のミシンの知識が年々低下する近年では、仮にこの手のミシンを購入してしまっても「ミシンとはこんなもんなんだ!」と妙に納得してしまう人が多いのも現状です。

もちろん中には良心的に作られた性能の良い『家庭用ミシン』もあります。「お買得」を売り物にしませんので機能に合わせてそれなりの価格が付いています。

家庭用ミシンは「操作が簡単」「楽しそう」と興味をそそり使いたくなりますので『創造』のきっかけという点では、粗雑な作りのミシンを避ければ最初に出会うミシンとしては良い面があります。小さな子供さんのいる家庭では、イニシャルや動物柄の刺繍など遊び感覚でミシンに触れられ、これをきっかけに「作る」才能を見出し「仕事」への夢を広げていった人も多いことでしょう。

しかし何といっても機械です。構造が複雑になればなるほど機械には負担がかかります。直線縫い機能、ジグザグ機能、コンピューター内蔵・・・と 機能が追加されればされるほど故障も多く寿命は縮まります。売る目的で機能を一つ増やす度にミシンに持病を作っている様なものです。

単純な機能のミシンなら故障しても少しミシンの扱いに慣れれば素人でも直せますが、複雑になると、専門の人に見てもらう事になります。一度修理に来てもらうだけでも出張料がかかります。特にコンピューターミシンになると販売店ではお手上げですので販売店はメーカーに回します。当然 日もかかり修理代も高くなります。

又、『家庭用ミシン』は見た目の美しさを出す為と持ち運び易く軽量にする為にプラスチックが多く使われています。金属類が減れば減るほど耐久性に欠け、中にはまるで寿命を製造時から決めて作られた物すらあります。(選択の目安として「重い」を条件に入れると良いかもしれません。)

家庭用ミシンのモーターの力(回転数)は『職業用タイプ』以上のミシンと比べるとかなり落ちます。自分の目的にどのミシンが合うかよ〜く考えて購入することをお勧めします。

家庭用ミシンで充分遊んで色々作る内に、創造の範囲も広がってくるとだんだん家庭用のミシンでは物足りなくなるでしょう。「もっと色々な服を作って 一歩プロに近づいたおしゃれがしたいな」と創作意欲がふくらんできたら、『職業用タイプ』以上のミシンを考えてみてください。

     1.失敗しないためのミシン選び
    2.具体的な選択基準   
    3.工業用ミシン  
     4.職業用ミシン
    5.家庭用ミシン  
    6.ロックミシン 
     7.中古ミシン