ステキな服作りが楽しめる講座。おしゃれを求めて各地から受講生が集います。ミシンが初めての方も、事業目的の方も、実用技術を学んでください。

関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
      下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 一般からアパレル企業まで対応の自動製図ソフト
  • 格安アパレルCAD
  • 写真や現物の服をお送りください
  • 洋服のオーダー
  • 洋服の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

ロックミシ

既製服を裏返して縫い代部分をちょっと覗いてみてください。縫い代の端がほつれない様に糸でかがってあるでしょう。(写真)これはロックミシンという端かがり専門のミシンを使って行います。

ロックミシンには、2本糸ロック、3本ロック(下写真)、4本ロック、5本ロックがあります。

家庭で良く使われるのは2本糸ロックか3本糸ロックです。最近、カットソー用の家庭用4本糸ロックも出ていますが、日常の服なら3本糸ロックまでで充分でしょう。

糸の本数が一本増えるごとに、働きが加わります。

つまり2本糸の場合は、表から見たかがり目は既製服の状態とあまり変わりませんが、裏面を見ると少々物足りなく、どちらが表に出る面かを考えながらロックをしなければなりません。3本糸は裏面もきれいなかがり目なので表裏は考えずにかがれます。

4本糸は中の1本が地縫い(縫合のための直線縫い)の働きをし、通常の直線縫いをしなくてもロックだけで2枚の布の縫合と端かがりが同時にできるというものです。縫った部分は伸ばしても糸が切れませんのでカットソー(トレーナーやTシャツ類)には便利です。でもこれも子供服程度なら良いでしょうが、大人の外出着としては少々縫い合わせ部分が不安です。心配しながら着るより やはりミシンで一本地縫いをしておいた方が良いでしょう。

4本糸のロックミシンを使ったニット系の教室が増えています。
その流れなのか「ニットは4本糸のロックミシンでなければ縫えない」と勘違いしている人が多いようです。 確かに縫った部分は伸びますので、ニット素材には適したミシンですが、決してニットは4本糸ロックでなければだめ・・・ということではありません。

当教室では、直線ミシンTシャツトレーナー、ニットセーターなど、どんな伸縮素材でも服に仕立てています。 縫い方の注意やこつはありますが、4本糸のロックミシンだけで仕上げるより服自体の高級感が出ます。 縫い代の端かがりは、3本糸ロックで行います。
分厚いニットでは縫い代は割りますので、「製品」として価値が高まります。お勧めです。

という事は、4本ロックの必要性はほとんどの場合ないということです。
服地の色が変われば、ロック糸の色も変えなければいけないとすると、本数が増えると色数だけ糸も沢山揃えなければいけません。仕事でない限り糸の購入もできれば経済的に済ませたいものです。

5本糸も4本糸ロックに地縫い用の糸を一本追加した物で、3本で端かがり、2本が地縫いという働きです。これは工業用として使われ家庭用にはありません。

家庭用ミシンにロックミシンの機能を内臓した物も出ています。「くるっと返すとロック、戻すと普通のミシン」という物ですが、ミシンの項目でも触れた様に、一台の機械に機能を追加すれば追加するほど肝心の働きがおろそかになり故障も多いものです。あまりお勧めできません。

色々使ってみた私の感触では、「3本糸ロックで充分」という結論です。

少々糸かけが複雑な点が難点ですが、常日頃使う内に覚えるでしょう。エア(空気)で一瞬の内に糸が通ってしまう機種が3本糸(写真)と4本糸ロックにあります。教室でも使っていますが、なかなか優れ物です。お勧めです。

一つ注意する点があります。
このグループで、「自動糸調節」の機種があります。 糸の調整を自動で行ってくれますので、便利そうですが、洋服を作る目的ではあまりお勧めしません。 服地には様々な厚み、伸びなど性質の違いがあり、微妙にロックのかがり目の糸を締めたい(又は緩めたい)ということがあります。 自動で調整する機械では、この微調整ができません。

洋服製作の様に、様々な性質の生地を扱う場合は、やはり 微妙な調整のできるものが良いでしょう。



初めは糸かけが簡単な2本糸で慣れてから、3本糸という手もありますが、かがり目の美しさでは3本糸には勝てません。

いずれ3本糸が欲しくなります。教室では3本に思い切るまでの間、つなぎとして中古の2本糸を勧めることがあります。上手に探すと意外と質の良い2本糸中古が見つかります。2本糸中古に良い物が多い理由は、使い切る前に3本糸に買い換える人が多いからです。その点、3本糸中古は壊れてから買い換える人が多いので安心できる物が少なく、先の見えた3本糸中古に無駄なお金を使うより新台をお勧めします。

     1.失敗しないためのミシン選び
    2.具体的な選択基準   
    3.工業用ミシン  
     4.職業用ミシン
    5.家庭用ミシン  
    6.ロックミシン 
     7.中古ミシン